大人だけじゃない!子どもから始まってる健康トラブル!

体を支える土台なのが足。唯一地面と接してる場所

この足が健康に大きく関わっていることをご存知ですか?

 

一生の足は小学生3年生くらいまでに決まる!

 

①幼稚園、保育園時代から『足裏の発達不足』による『足裏の異常が』始まり

②小学1年生くらいで『足と体のゆがみやねじれ』が顕著にでてくる

③そして、『一生の足と体』は、小学3年生くらいまでに決まってしまう!

 

体のトラブル、足裏に原因があるかも?

現代の多くの人は、足の指でしっかりと踏ん張れていません。足の指を使うことを忘れてしまった私たちの体は、重心がかかと寄りになり、姿勢が崩れたまま日々を過ごして、体のトラブルが発生します。

 

外反母趾、へん平足、浮指、内反小趾、

歩く、立つ、走るが障害されてくる

神経や血流にも影響

 

元気で笑顔な人と

いつも痛みで困ってる人の差は

『足』にあった!

腰痛の絵

膝痛の絵

筋力低下

虚弱体質

などなど

 

このような、痛みと不調の多くは、足のアーチや機能の低下が原因になっている!

 

足裏の発達不足や機能低下が体の異常を激増!

小学生8割 大人8割

 

桜美林大学、泉大津市の検査による結果により明らかにされている。

 

足裏の異常から始まり、体の痛みや不調が起こっている!

①身体の痛みや不調がいつものことだ!と思っている

②治療に通う。のが日常になっている

③昔に比べて疲れやすくなって痛みが出てくるようになった